八雲風穴でのラドンの年間推移について

島根大学の元教授の野村先生による、八雲風穴の学術論文が発表されました。
内容は、空気中のラドンの変化によって風穴の年間の空気の動きを考察したものになっています。
それによると、5月から10月にかけて空気中のラドンの含有量が増加することが確認されました。

【ラドンの効果】
●ラドンは、古くから日本各地の温泉で注目され、近隣では三朝温泉が有名です。
●ラドン温泉では「温泉のラドンと触れることで細胞を刺激し、新陳代謝を促進するので健康になる」といわれています。
●これは、ラドンという元素のもつ放射科学的特性によるもので、ホルミシス効果として知られています。


※八雲風穴は涼しいだけではなく、ラドンによるホルミシス効果も期待できる場所です。
 自然の冷気に触れながらラドン浴もできる「癒しの空間」として最高の場所です。
 皆様のご来園をお待ちしています。