なぜ冷たいの ?

 
八雲風穴説明看板
夏の風穴(冷風穴)
冬の風穴(温風穴)
風穴は、地すべり地形の凹地に崖錐が発達して、岩屑が厚く堆積することで、岩屑の間に空隙がつくられた場所をいいます。そこを空気が移流することで、夏期には下部で冷たい風が吹き出します(冷風穴)。そこを小屋で囲い込んで天然の冷蔵庫として利用されてきました。なお、冬期は上部で温かい風が吹き出ます(温風穴)。風穴小屋は、明治期の産業のグローバリゼーションを背景に養蚕業とともに発展しました。

けっして寒冷地や高地にあるのではなく、南は沖縄にもあり、標高もたった 10m の場所にもあります(山口県萩市・笠山風穴)。